本文へスキップ

骨盤の性差

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

骨盤の性差

 骨盤成人の骨盤には性差が現れ、特に女性の骨盤としての形状は思春期において女性ホルモンの影響で発達していきます。

男性の骨盤はカーブが少なく縦に長くてカクテルグラスのような形をしています。

女性の場合は男性より狭くブランデーグラスのような底が丸い形をしています。

女性の恥骨は男性に比べて引っ込んでいるので下腹部が少し張っているような印象を与えます。逆に男性は恥骨が前に出ているので下まで垂直な感じがするお腹になります。

女性の骨盤は上から見ると左右の幅が広く全体として丸い形をしています。このため比較的男性よりお尻が大きくなります。また上からみると女性の骨盤腔は円形または横長楕円形をしておりその穴は円筒状に下に抜けていきます。男性はハート型をしており下のほうが漏斗状に狭くなっています。
男性の骨盤は横幅が小さく女性の骨盤は横幅が広くなっており女性の骨盤は男性に比べて少し前傾姿勢になっています。この前傾姿勢のおかげでお尻が出ているようにみえます。

男性男性の骨盤
女性女性の骨盤







































産後骨盤矯正東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
Mail info@nomuraseikotuin.com